2019年11月29日 17:17

知性を信じる 5


こんにちは!

今日もこのブログを見て下さって、ありがとうございます。

今回は「知性を信じる4」の続きで、

カイが補助をすればキーボード入力が出来る様になった所からの続きです。



知性5−1


知性5−2


知性5−3


知性5−4


知性5−5


知性5−6


知性5−7


知性5−8







A先生はその優しそうな見た目からは想像つかないけど、

自閉症教育で定評のある学校の教師を長年務められ、ABAセラピーにも精通している、いわば療育のプロ中のプロです。



そんなバリバリのセラピストに、ここまでハッキリ

「知的障害の判定?そんなの気にしないで下さい!」と言われたのは初めてでした。

私の中の「知的障害」の概念をぶっ壊して下さったお一人です。

 この先生に出会わなければ、きっとカイの知性を信じるのがもっと遅くなっていただろうなと思います。



現在はガッツリしたRDIのセラピーは受けていませんが、 今でも定期的にコンサルを受けています。

もはやA先生の顔が見たくてコンサルを受けいている様なもので、

実の母親にさえ理解して貰えない障害児育児のあるある話を先生に愚痴って、

それを笑いに変えて貰っています。



発達障害の育児ではよく「後退する」という言葉が言われます。

出来ていた事が急に出来なくなるとか、

問題行動が増えるとか、そういう場合に使います。


でもA先生に言わせると、後退なんて本当は無くて、全てが成長。

ただその理由を周囲が理解しようとしないから、後退に見えるだけ、という事です。


カイがどんな困った事をやらかしても、A先生はいつも笑って聞いてくれ、

その困り事はカイ君のこんな面が成長しているからだよ、と教えてくれます。


先生の深い洞察から来る解説を聞くと、心から納得でき、

問題行動を成長行動と見る事が出来て、逆に問題行動が嬉しくなる程でした。



RDIはとても興味深いセラピーなので、また別の機会に詳しく書いて行きたいと思っています。

A先生を紹介して下さったYさん、有難うございました!



A先生のHPはこちらです。ご参考まで!












  応援して頂けると嬉しいです! 
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


 
人気ブログランキング



 



 

コメント一覧

1. Posted by 雨音   2020年05月08日 16:28
5 「後退なんて本当はなくて、全てが成長」…この言葉にすごく救われた気分です!!
長男がしゃべらなくなってから何年もの間、ずっと「どうして後退してしまったんだろう」ということにとらわれ続けていたので…
(ちなみに、次男も長男ほどではないもののある程度はしゃべっていたのですが、今ではほとんどしゃべりません)
でも、きっとそれも後退ではないんですよね!

実は、先日A先生にRDIプログラムの申し込みをしたんです。
A先生なら、長男がしゃべらなくなった理由がわかるかも…!?
プログラムの開始は6月とのことなのですが、待ち遠しいです!
2. Posted by くーちま   2020年05月09日 08:13
>>1
雨音さん
コメントたくさんありがとうございます!バラバラ書くと分かりにくいと思うので、こちらに集約して返信させて頂きますね。
まず一番心配なのが、以前はお子さんが喋れていたのに今は喋れない事です。これはどこか大きな病院で検査などした事はあるのでしょうか?私は病気に関しては全然詳しくないので何かアドバイスが言える訳ではありませんが、ランドクレフナー症候群がまず最初に浮かびました。あとは予防接種や何かの病気(例え軽い風邪などでも)でミトコンドリア機能障害になってしまったのかなぁと。お子さんの状態には、もしかしたら病気が絡んでいるかもしれないので、まずお医者さんにご相談されるのはいかがでしょうか?既に相談されて、検査もやって、何の異常も無いとしたらすみません。でもその場合でも、このブログに何度も登場しているとにたんのブログを読むと病気について詳しく書いてあるので、ぜひ読んでみて下さい。必ず何かしらの参考になると思います。
RPMの講演会とRDIのコンサル、両方申し込まれているんですね。凄いバイタリティーですね!でもあまり頑張りすぎないように、ご自身にあまり負担が無い程度に試していって下さいねー。
3. Posted by 雨音   2020年05月11日 10:23
お返事ありがとうございます!

「ランドクレフナー症候群」というのは初めて聞きました!
今まで長男がしゃべらなくなってしまった原因についてあれこれ調べまくってきたつもりだったのに…(汗)
早速ネットで「ランドクレフナー症候群」について調べてみましたが、確かに長男の症状と似ているところもある…
ただ、以前は全く正常に話していたというわけでもなく、オウム返しがものすごく多かったり、会話にならなかったりと、自閉的なところもあり…
確か、しゃべらなくなり始めた頃と、5歳ぐらいの時の2回、脳波検査と脳のMRI検査を受けたような覚えがあるのですが、特に何も言われなかったような…
でも、すごく稀な病気みたいですし、小児科の先生も知らなかったりするかもしれませんよね。

「ミトコンドリア機能障害」は、確かカイくんもアメリカのお医者さんにそう診断されたんですよね。
長男の場合、知能低下以外に当てはまる症状はなさそうに見えるのですが、なにぶんど素人なので見落としている可能性も大いにありますよね(汗)

次に病院に行った時に、この2つの病気について聞いてみようと思います!
貴重な情報をありがとうございます!

RDIとRPM、くーちまさんのブログを読んだらついどちらも早く試してみたくなってしまって(笑)
A先生的にはRPMはどうなんでしょうね?
6/16に最初のスカイプミーティングがあるので、その時にRPMについても相談してみようと思っています。

でもそうですね、頑張りすぎると続かないのは何回も経験済みなので(汗)、無理はしないように気を付けます(笑)
4. Posted by くーちま   2020年05月11日 12:32
>>3
雨音さん
返信ありがとうございます。心配だったのでご事情が聞けて安心しました。ランドウ・クレフナーは特異な脳波なので、きっと専門家が見たら直ぐに分かると思います。何も言われなかったなら多分違うのではないかな。でも、とにさんの息子さんもだいぶ時間が経ってからランドウ・クレフナーのちょっと変わった種類のものらしいと言われたそうなので、可能なら神経科の良いお医者さんがいる病院で24時間脳波など計測されると良いかもですね。
あとミトコンドリア機能障害については、日本のお医者さんで知っている方は殆どいないと思うので聞いても無駄かもしれません…残念ながら。

RDIのA先生がRPMについてどういう意見をお持ちか…これは子供のタイプによって変わるのかなと思います。うちは私の強い希望でRPMをやっているけど、もしかしたらどちらか一つの療育に絞った方が良いと先生は思っていらっしゃるかもしれないです。でも最終的に子供の事を決めるのは親なので、やりたいと思った方をされるのが良いと思います。

あと、付随運動→不随意運動の間違いです。ご指摘ありがとうございます!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 合成界面活性剤ナシの生活始めました
  • 今更ですが…
  • 今更ですが…
  • 今更ですが…
  • なんて事ない話です
  • なんて事ない話です
  • 変顔
  • 変顔
  • 変顔
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ